代表挨拶

プライムウィル

さあ、新しいチャレンジにわくわくしよう

チャレンジはゼロからのスタート

私の育った家庭は事業をしている訳でもなく、資産家でもありませんでした。両親は信仰熱心で、人に尽くし、無一物で生涯を送りました。豊かさはありませんでしたが、小さなことでも感謝できる心や、人に尽くす喜びなど、人として最も大切な事を教えてくれたように思います。かえって中途半端にお金があったら、「あれが足りないこれが足りない」と不満を言ったかもしれませんが、何もないのですから不満の言いようもありません。事業を始めるには資金が必要ですが、私にはサラリーマンとして蓄えたわずかばかりのお金しかありませんでしたが、そんなゼロからのスタートでも情熱があればチャレンジ出来るのが外食ビジネスの魅力です。

感謝! 素晴らしきかな外食ビジネス

私は学校を卒業して、企業で営業マンを志していました。ところが、入社をして配属されたのが外食部門で、それが私と外食業との出会いでした。当初は志しが違うと人事部長に配属転換を申し出たほどでした。それでも日々の仕事の中で「自分の造った商品でお客様へ喜んでいただけた」「自分の接客でお客様の笑顔が見れた」そんな体験から、このビジネスの奥深さにどんどんとのめり込んで行き、気がつけば自分自身が外食企業を経営していました。当時からは想像もつかないことです。常に新たなチャレンジを行うことで外食ビジネスに恩返しをするとともに、これからも出会った社員の皆さんとこのビジネスを通して、それぞれの夢を実現していきたいと考えています。

代表取締役社長 加藤道信