代表挨拶

プライムウィル

さあ、新しいチャレンジにわくわくしよう

コロナの時代を外食ビジネスで生きる

私の育った家庭は事業をしている訳でもなく、資産家でもありませんでした。両親は信仰熱心で、人に尽くし、無一物で生涯を送りました。豊かさはありませんでしたが、小さなことでも感謝できる心や、人に尽くす喜びなど、人として最も大切な事を教えてくれたように思います。かえって中途半端にお金があったら、「あれが足りないこれが足りない」と不満を言ったかもしれませんが、何もないのですから不満の言いようもありませんでした。事業を始めるには資金が必要ですが、私にはサラリーマンとして蓄えたわずかばかりのお金しかありませんでした。有難いことに、そんな私でもこの分野でチャレンジすることができました。

そして、今、コロナの時代に入りました。当社の店舗にはこのような環境においても、毎日多くのお客様にご来店いただけています。同じ外食でも店舗、会社の閉鎖を余儀なくされる人々がおられる中で、従業員の皆さんともども感謝の思いです。この様な時代であるからこそ、弊社では新たな人材を登用するとともに人材教育に今まで以上に注力し、従業員が喜び合える会社づくりを通して、社会に貢献するべく第二のチャレンジに取り組んで参ります。

代表取締役社長 加藤道信